●沿革
明治 6年 5月 現勅使校下及び小坂、水田丸、横北、二ツ屋を合わせて1学区とし、願成寺の家を借りて開放し、村落勅使小学校と称する。
明治 9年 8月 勅使にできた新校舎に移転する。
明治14年 3月 11番学区勅使小学校と称する。
明治15年 4月 勅使村立高等中学科小学校と改称する。
明治29年 4月 勅使尋常小学校と改称する。
明治44年11月 新校舎を勅使村ル41の2へ移転する。
大正 8年 4月 高等科を設置する。
昭和16年 4月 勅使国民学校と改称する。
昭和22年 4月 勅使村立勅使小学校と改称し、中学校を併設する。
昭和30年 1月 町村合併により、山代町立勅使小学校を改称する。
昭和33年 1月 加賀市立勅使小学校と改称する。
昭和38年 3月 保健体育指導研究で全国表彰を受ける。
昭和48年11月 創立百周年記念式典、事業(石碑、植樹、備品充実、表現会、展覧会パレード)、講堂床張り替えをする。
昭和55年 4月 新校舎へ移転する。
昭和56年 3月 体育館完成。
昭和56年 5月 新校舎落成式を行う。
昭和61年10月 学校給食指導研究で、全国表彰を受ける
平成 6年 4月 金銭教育研究指定を受け、県大会で発表する。
平成18年11月 いしかわっ子ライフスタイル向上推進事業研究発表会を行う。
平成19年 3月 しゅんか賞を設置する。
平成22年 4月 耐震補強工事を行う。
平成22年 9月 耐震補強工事が完了する。
平成23年 2月 いしかわっ子体力アップ研究協議会研究発表 特別支援学級設置工事 保健室改修工事(〜3月)
平成23年11月 魅力ある学校づくり実践事例発表大会発表
平成23年12月 人と地域を生かした道徳教育講座を開催
平成24年 6月 校舎まわり下水道管改修(〜8月)
平成25年 8月 給食室空調改修工事
平成25年10月 プールテント設置
平成28年 1月 体育館耐震工事

        
●学校概要
【旧加賀市内全図】
旧加賀市内全図 錦城中学校 橋立中学校 東和中学校 山代中学校 片山津中学校 動橋小学校 片山津小学校 湖北小学校 作見小学校 金明小学校 錦城東小学校 橋立小学校 黒崎小学校 錦城小学校 庄小学校 南郷小学校 分校小学校 東谷口小学校 山代小学校 三谷小学校 緑丘小学校 三木小学校
・・・勅使小校区
【周辺図】
勅使小学校周辺図
石川県加賀市立勅使小学校 〒922-0313 石川県加賀市勅使町24の1
TEL(0761)76-0709 ■FAX(0761)76-4573
E-mail:tyokushi-e@kaga.ed.jp


●周辺地域の特色
狐山古墳 法皇山横穴古墳群
国指定史跡 狐山(きつねやま)古墳 国指定史跡 法皇山(ほうおうざん)横穴古墳群
二子塚町内にあり、およそ5世紀後半の古墳と考えられる。出土品は、人物埴輪、神獣鏡、甲冑等東京国立博物館に保管されている。現地の収蔵庫に神獣鏡と甲冑の複製品とその他の出土品を展示してあり、また石棺の上には覆屋を作り、外からでも石棺が見れる。 勅使町内にあり、6世紀後半から7世紀末期にかけての古墳群と考えられる。出土品は須恵器とよばれる土器が中心で資料館に展示されている。

勅使館跡 松山城跡
勅使館跡 松山城跡
勅使小学校体育館の横にあり、平安時代から南北朝にかけての地方豪族の館跡である。 松山町の東にある。関ヶ原の合戦の時、東軍に味方した前田利長が大聖寺城主山口玄蕃を攻めた時に松山城に陣をはったと言われている。