教育目標     「心豊かで たくましく 生き抜く 作見っ子」  (知・徳・体調和のとれた育成)            平成25年度    学 校 評 価 ホウ  ショ           加 賀 市 立 サク 小 学 校
   

                       
評価の項目 今年度の重点目標 具体的な取組 シュ担当タントウ 現状ゲンジョウ 評価の観点 実現ジツゲン状況ジョウキョウ達成タッセイ判断ハンダン基準キジュン 判定ハンテイ基準キジュン 備考ビコウ 評価ヒョウカ 成果セイカ課題カダイ 次年度ジネンドへの対策
@教育課程・学習指導 国語コクゴ算数サンスウ学力ガクリョク向上コウジョウハカる。 ロングチャレンジタイムやはぐくみタイムの実施ジッシにより、国語コクゴ算数サンスウ活用カツヨウリョク定着テイチャクにつける。 教務キョウム主任シュニン
カク学年ガクネン
学力ガクリョクテストトウ結果ケッカから、活用カツヨウチカラをつけるための全校的ゼンコウテキみが必要ヒツヨウである。 【成果指標】
学年相当ソウトウ国語コクゴ算数サンスウ学力ガクリョクが身についている。
ロングチャレンジで使用シヨウしている問題モンダイ評価ヒョウカテストを作成・実施ジッシし、各学年カクガクネン期待キタイ得点トクテンをとれた児童ジドウ学年ガクネン
 A 80%以上である
 B 70%以上である
 C 60%以上である
 D 60%未満である 
期待キタイ得点トクテンについては、ベツサダめる。 
CDの場合、ロングチャレンジタイムやはぐくみタイムのありカタ家庭カテイ学習ガクシュウ内容ナイヨウハタラきかけについて再検討サイケントウする。 学期ガッキマツ評価ヒョウカテストを実施ジッシする。 A ・4〜6年生ネンセイゼン27モンチュウ中間チュウカンダンカイ
 でケン平均ヘイキン上回ウワマワったのは18モン
 (67%)だった。2学期ガッキマツでは
 25モン(93%)とチャクミノルびが
 られた。
オナ問題モンダイ継続ケイゾクしてむことで、
 ムスビ当然トウゼンびてくる。それを児童ジドウ
 にツタえることで、びを実感ジッカンし、自信ジシン
 と意欲イヨクつことができる。継続ケイゾクして
 実施ジッシしていけばよい。
タイチカラ向上コウジョウハカる。 体育タイイク授業ジュギョウでの運動ウンドウリョウ確保カクホ、スポチャレのみ、ソトアソトウをより一層イッソウススめる。 体育タイイク担当タントウ

昨年サクネンの体力テストの結果,ケン平均ヘイキン下回シタマワ種目シュモクオオく,体力タイリョク向上コウジョウけてのみがツヅ必要ヒツヨウである。 成果セイカ指標】
前年度ゼンネンド結果ケッカ上回ウワマワるようにする。
前年度ゼンネンド同学年ドウガクネン結果ケッカを10%上回ウワマワった児童が
 A 80%以上である
 B 70%以上である
 C 60%以上である
 D 60%未満ミマンである
C・Dの場合指導・支援を再検討する。 6ガツ、11ガツ体力タイリョクテストを実施ジッシする。 B ・スポチャレのみ、体育タイイク委員
 会との連携ナドにより、長座チョウザ体前屈タイゼンクツ
 20mシャトルランについてケン平均ヘイキン
 を上回る学年ガクネンえ、改善カイゼン傾向ケイコウ
 られた。
・ボールげは,まだケン平均ヘイキン下回シタマワ
 っている状況ジョウキョウである。
体育館タイイクカンげる練習レンシュウができる用具ヨウグ
 のセツ,スポチャレボールげの
 みなどにより,ボール
 の記録キロク向上コウジョウをめざす。
読書ドクショ習慣シュウカンにつけるとともに、読書ドクショシツタカめる。 テイチュウコウ学年ガクネンむのにふさわしいホン推薦スイセン図書トショ)を選定センテイし、読書ドクショシツ向上コウジョウハカる。 司書シショ教諭キョウユ 読書ドクショ習慣シュウカンにつき、冊数サッスウえてきているが、読書ドクショカタヨりがあったり、学年ガクネン相応ソウオウホンエラんでめる児童ジドウスクない。 成果セイカ指標】 
積極的セッキョクテキ推薦スイセン図書トショもうとしている。                           
んだ推薦スイセン図書トショ全校ゼンコウ合計ゴウケイ冊数サッスウ
 A 2500サツ以上イジョウである。
 B 2000サツ以上である。
 C 1200サツ以上である。
 D 1200サツ未満である。
 
C・Dの場合、改善カイゼンサクカンガえ、指導シドウする。 1,2学期ガッキマツ児童ジドウ図書トショカード調査チョウサオコナう。 B ・たくさんの児童ジドウ学年ガクネン相応ソウオウ
 ホンにふれさせる機会キカイをもつことが
 できた。
読書ドクショリョウオオ児童ジドウでも推薦スイセン図書トショ
 にはコウアジをしめさないことがあり、
 個人差コジンサオオきい。
推薦スイセン図書トショ学級ガッキュウ文庫ブンコマタ学年ガクネン廊下ロウカ
 セツする。必読書ヒツドクショ選定センテイし、国語コクゴ授業ジュギョウ
 のナカツモキョクテキげてませるトウ
 実施ジッシウエ工夫クフウ必要ヒツヨウである。
A生徒指導 「すてき!作見サクミ」の定着テイチャクトオして、規範キハン意識イシキ向上コウジョウハカる。 「おはよう」「ありがとう」「ごめんなさい」「あたたかいことば」をえるソダてる。 生徒セイト指導シドウ主事シュジ
生徒セイト指導シドウ委員会イインカイ
ココロない言葉コトバがけ、ヒト迷惑メイワクをかけることトウ規範キハン意識イシキ育成イクセイ必要ヒツヨウである。 努力ドリョク指標シヒョウ
規範キハン意識イシキタカめようとしている。
規範キハン意識イシキタカめようとした児童ジドウ
 A 80%以上である
 B 70%以上である
 C 60%以上である
 D 60%未満ミマンである
C・Dの場合指導シドウ支援シエン方法ホウホウ再検討サイケントウする。 学期ガッキマツ児童ジドウにアンケートを実施ジッシする。 B オオくの児童ジドウは,生活セイカツルールをマモろう
 としたり,言葉遣コトバヅカいにをつけよう
 とするトウ規範キハン意識イシキタカめようとし
 ている。
・あいさつはオオムねできている。
継続ケイゾクして,道徳ドウトク学活ガッカツ学年ガクネン集会シュウカイトオ
 して,規範キハン意識イシキタカめていく。できたら
 オオいにめる。
家庭カテイへあいさつの推奨スイショウ規範キハン意識イシキ
 向上コウジョウハタラきかけていく。
Bカタ指導シドウ 発達ハッタツ段階ダンカイソクして、マカせられた仕事シゴト一生懸命イッショウケンメイオコナおうとするココロソダてる。 無言ムゴン清掃セイソウトオして、がまんするココロタスココロづくココロ育成イクセイハカる。

清掃セイソウ担当タントウ

昨年度サクネンド実施ジッシしているが、活動カツドウ停滞テイタイしないように児童ジドウタイしてねらいの確認カクニンオコナいつつ継続ケイゾク実施ジッシする。 成果セイカ指標】
無言ムゴン清掃セイソウ真面目マジメに、むことができる。
日々ヒビ清掃セイソウ活動カツドウ真面目マジメ児童ジドウ全校ゼンコウ
 A 90%以上イジョウである
 B 80%以上である
 C 70%以上である
 D 70%未満ミマンである
C・Dの場合指導シドウ支援シエン方法ホウホウ再検討サイケントウする。 活動カツドウ場所バショわり(2ヶゲツゴト)に担当タントウ教職員キョウショクイン調査チョウサする。 A 全体ゼンタイとしては真面目マジメ掃除ソウジオコナ
 ている。
自分ジブンから仕事シゴトサガしてオコナう、「自分ジブン
 ミガき」の無言ムゴン清掃セイソウ徹底テッテイまでには
 イタっていない。
無言ムゴン清掃セイソウ徹底テッテイムズカしい。無言ムゴン清掃セイソウ
 ねらいやよさを啓発ケイハツしていく必要ヒツヨウがある。
掃除ソウジ回数カイスウっているので、スクないソウ
 ジョ隅々スミズミまできれいにする工夫クフウをした
 い。
C安全管理 不審者フシンシャタイするスキルをにつける。 学年別ガクネンベツのカリキュラムをモト不審者フシンシャ対応タイオウするスキルをけさせる。 生徒セイト指導シドウ主事シュジ
生徒セイト指導シドウ委員会イインカイ
地域チイキでたびたび不審者フシンシャているが,不審者フシンシャ対策タイサクをきちんとオコナっていく必要ヒツヨウがある。 努力ドリョク指標シヒョウ
不審者フシンシャ対応タイオウするスキルをけさせるための訓練クンレンオコナう。
不審者フシンシャ対応タイオウする訓練クンレンオコナうことに
  A ツトめた       
   B ほぼツトめた        
   C あまりツトめなかった                   
   D ツトめなかった    
C・Dの場合改善策カイゼンサク再検討サイケントウする。 1,2学期ガッキスエ教職員キョウショクインにアンケートを実施ジッシする。 B ゼン学級ガッキュウで,不審者フシンシャ対応タイオウ訓練クンレンオコナ
 おうとツトめていた。
天候テンコウ行事ギョウジトウ都合ツゴウがつかず,で
 きないことがあった。
年度ネンドハジめにいつゴロオコナうのか計画ケイカクしてお
 く。
定期的テイキテキ声掛コエカけをしていく。
D保健管理 健康ケンコウについての意識イシキづけとむし治療チリョウむ。 むし治療チリョウけた学校ガッコウ保健ホケン委員会イインカイ開催カイサイする。 保健主事      養護ヨウゴ教諭キョウユ
早寝ハヤネ早起ハヤオき、アサハントウ生活セイカツ習慣シュウカンについているが、タイする健康ケンコウ意識イシキヒクい。 成果セイカ指標】            昨年度サクネンドのむし処置ショチ完了カンリョウリツ上回ウワマワる。
むし処置ショチ完了カンリョウリツ
 A 64%以上である
 B 51%以上である
 C 40%以上である
 D 40%未満ミマンである
C・Dの場合指導・支援を再検討する。 1,2学期ガッキスエにむし処置ショチ完了カンリョウリツ調査チョウサする。 A ・9ガツマツのむし処置ショチ完了カンリョウリツは、81.2%
 となった。掲示ケイジブツ使ツカってむし治療チリョウ
 状況ジョウキョウらせツヅけたり、処置ショチ児童ジドウ
 に個別コベツ健康相談ソウダンオコナったりしたことで、
 意識イシキタカまったとオモわれる。
処置ショチ児童ジドウは、重症ジュウショウし、本数ホンスウオオ
 傾向がある。
処置ショチ児童ジドウ保護者ホゴシャタイする個別コベツオサム
 リョウカンコク積極的セッキョクテキオコナう。
E特別支援教育 個に応じた支援について、全教職員で理解を深め、支援の仕方シカタ検討ケントウして実践ジッセンする。 支援委員会と全体ゼンタイ研修会ケンシュウカイを開催して、よりよい支援の仕方シカタ検討ケントウして実行ジッコウする。 特別支援教育コーディネーター
教育キョウイク相談ソウダン担当者タントウシャ
支援委員会で具体的な支援の仕方シカタを決定し、支援を実践ジッセンしている。 努力ドリョク指標】
支援委員会で支援策を検討し、全体ゼンタイでの共通キョウツウ理解リカイのもと、協力キョウリョクして支援シエンオコナおうと努力ドリョクしている。                                   
支援シエン委員会イインカイ全体ゼンタイ研修会ケンシュウカイをもち、支援シエン方法ホウホウハナい,支援シエンオコナうことが
 A できた
 B ほぼできた
 C あまりできなかった
 D できなかった
Cの場合、取り組み体制を再検討する。 1,2学期ガッキスエ教職員キョウショクインにアンケートを実施ジッシする。 A 迅速ジンソク校内コウナイ支援シエン委員イインカイヒラき、
 にオウじた支援シエンをすることができた。
校内コウナイ支援シエン委員会イインカイ数多カズオオ開催カイサイでき
 たが、全体ゼンタイ特別トクベツ支援シエンカンするケン
 オサムをする機会キカイスクなかった。
支援シエン必要ヒツヨウ児童ジドウについて学校ガッコウ全体ゼンタイ
 支援シエンサク共有キョウユウできるようにする。
専門センモン機関キカン利用リヨウした研修ケンシュウカイをもつ。
F組織運営 教職員キョウショクイン各々オノオノ校務コウム責任セキニンをもち、学校ガッコウ教育キョウイク目標モクヒョウ具現化グゲンカハカる。 カク担当者タントウシャ学校ガッコウ教育キョウイク目標モクヒョウ実現ジツゲンけてめの企画キカク立案リツアンオコナい、教職員キョウショクイン相互ソウゴ連携レンケイ協力キョウリョクしつつ実践ジッセンする。 カク担当者タントウシャ カク校務コウム分掌ブンショウ仕事シゴト内容ナイヨウ適切テキセツ分担ブンタンされ、機能的キノウテキ運営ウンエイされている。各部カクブ学年ガクネンカン連携レンケイ円滑エンカツオコナわれている。 【努力指標】                                  
カク分掌ブンショウごとに学校ガッコウ教育キョウイク目標モクヒョウ意識イシキし、工夫クフウ改善カイゼンした企画キカク立案リツアンツトめている。
学校教育目標を意識し、工夫改善した企画・立案に
 A ツトめた
 B ほぼツトめた
  C あまりツトめなかった
 D ツトめなかった
C、Dの場合、改善カイゼンサクを再検討する。 1、2学期ガッキマツ教職員キョウショクインにアンケートを実施ジッシする。 B 教職員キョウショクインアンケート結果ケッカからA、Bヒョウ
 アタイオオく、組織的ソシキテキ学校ガッコウ運営ウンエイができ
 ている。
前例ゼンレイ踏襲トウシュウになっていないか、教育キョウイク
 テキ効果コウカがっているかトウ
 意識イシキツヅけていく必要ヒツヨウがある。
主任シュニントウは、教育キョウイクビジョンの具現化グゲンカ
 て検証ケンショウオコナ改善策カイゼンサクしていく。
G研修 全職員が自己研鑽・研修に努め、授業ジュギョウリョク向上コウジョウ危機キキ管理カンリ意識イシキトウ向上コウジョウハカる。 授業ジュギョウ研究ケンキュウ校内コウナイ研修ケンシュウトウトオして、個々ココ指導力シドウリョク向上コウジョウ授業ジュギョウリョク向上コウジョウハカる。 研究ケンキュウ主任シュニン トクタイ調和チョウワれた育成イクセイけてゼン教職員キョウショクインケンテイ必要ヒツヨウである。 努力ドリョク指標】
授業ジュギョウ研究ケンキュウ校内コウナイ研修ケンシュウ職務ショクム研修ケンシュウオコナわれ、個々ココの指導力向上に努力ドリョクしている。
授業研究ケンキュウや校内研修ケンシュウ職務ショクム研修ケンシュウ等を通して,個々の指導力向上に努めることができた職員ショクイン
 A 80%以上である
 B 70%以上である
 C 60%以上イジョウである
 D 60%未満ミマンである。                                     
Cの場合、改善カイゼンサクを再検討する。 1,2学期ガッキスエ教職員キョウショクインにアンケートを実施ジッシする。 ・学校研究を中心にした授業ジュギョウ研究ケンキュウ
 計画ケイカクテキ校内コウナイ研修ケンシュウによって全職員
 が指導力向上に努めることができ
  た。
・さらに指導力シドウリョク向上コウジョウけて今年度コンネンドださ
 れた課題カダイ共通キョウツウ理解リカイし、計画的ケイカクテキな研究
 授業や研修会を実施しいく。
H保護者ホゴシャ地域チイキ連携レンケイ 保護者ホゴシャ地域チイキとの連携レンケイフカめ、信頼シンライされる学校ガッコウづくりをめざす。 便タヨトウ児童ジドウ様子ヨウスらせる。また授業ジュギョウ参観サンカン学校ガッコウ公開コウカイどもの活動カツドウ積極セッキョクテキ公開コウカイする。
教頭キョウトウ               学級ガッキュウ担任タンニン
保護者ホゴシャ学校ガッコウタイする関心カンシンタカく、授業ジュギョウ参観サンカン学校ガッコウ公開コウカイ学校ガッコウ行事ギョウジトウへの参加サンカリツタカい。 満足マンゾク指標シヒョウ】                              
学校ガッコウ対応タイオウタイして、満足マンゾクしている保護者ホゴシャ増加ゾウカしている。
本校ホンコウ教育キョウイクについて、満足マンゾクしている保護者ホゴシャ
 A 80%以上イジョウである。
 B 70%以上イジョウである。
 C 60%以上イジョウである。
 D 60%未満ミマンである。
C、Dの場合バアイ改善点カイゼンテン検討ケントウをする。 1、2学期ガッキマツ保護者ホゴシャにアンケートを実施ジッシする。 A ・授業参観、学校公開、学校への参
 加率は高い。
保護者ホゴシャアンケートのA評価ヒョウカ
 すクミ必要ヒツヨウである。
学校ガッコウホームページを活用カツヨウし、学校ガッコウ、PTA
 のトウ公開コウカイしていく。
I教育キョウイク環境カンキョウ整備セイビ 児童が安全な学校生活を送るために、施設・設備の安全点検を実施して、改善カイゼンする。 学期ガッキマツには、ゼン教職員キョウショクインによる、複数フクスウ体制タイセイでの施設・設備の安全点検を実施ジッシし、危険防止に取り組む。 教頭キョウトウ
カク管理カンリ担当者タントウシャ
ツキごとの安全アンゼン点検テンケン定期的テイキテキオコナっているが、形式ケイシキテキメンられる。 クミ ゼン教職員キョウショクインによる安全アンゼン点検テンケントオして、施設シセツ設備セツビ改善カイゼンをすることができたか
 A できた
 B ほぼできた
 C あまりできなかった
 D できなかった
Cの場合、原因ゲンインついて再検討する。 1,2学期ガッキスエ教職員キョウショクインにアンケートを実施ジッシする。 ツキごと、学期ガッキマツの施設・設備の安
 全点検をしっかり実施できた。 
点検テンケン時期ジキでなくても、危険ショトウ
 のハツ修理シュウリができるように取り
 組む。
発見者ハッケンシャスミやかにオウキュウ処置ショチり、キョウ
 アタマ報告ホウコクする。
学校ガッコウ関係者カンケイシャ評価  ・人材ジンザイ育成イクセイとしての校内コウナイOJT研修ケンシュウ継続ケイゾクノゾむ。   ・体力タイリョク向上コウジョウにむけては、学校ガッコウげてんでほしい。