■所在地
 〒922-8622
 石川県加賀市大聖寺
 南町ニ41番地
 加賀市市民会館3階

 ■お問合せ
 TEL : 0761-72-7970
 FAX : 0761-73-4824
 メール:kyouikushomu
 @city.kaga.lg.jp

 


 


Kaga City Library


















教育長挨拶


教育長 山下 修平

教育長挨拶

 教育長の山下修平です。今年もよろしくお願いいたします。
 新学習指導要領は、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年度から小学校で全面実施となり、その後2030年頃まで、学校教育の指針として扱われることになります。今回の改訂にあたっては、この2030年頃の社会を見据え、更にその先に豊かな社会を築くために教育が果たすべき役割とは何かという視点から議論が進められました。


 2030年の日本では少子高齢化が更に進行し、65歳以上の割合が総人口の3割に達する一方で、生産年齢人口は2010年に比べて約8割まで減ると見込まれています。
 人工知能の進化により、今後10〜20年程度で、約47%の仕事が自動化される可能性が高いと言われています。また、現在の子供たちの65%は、大学卒業後、現在の職業の多くはなくなってしまい、今は存在していない職業に就くだろうと言われています。このように、将来の変化を予測することが困難なグローバル社会、そして、日々加速する情報化の流れの中で、活躍できる地域人材を育むために、子供たちには社会の変化に受け身で対処するのではなく、現在と未来に向けて、一人一人が自らの可能性を最大限に発揮し、自らの人生を切り拓き、よりよい社会と幸福な人生を自ら創り出していくことが求められています。

 今年度は、次期学習指導要領の周知・徹底が図られる年度であり、2018年度からは移行措置期間に入ります。このような状況を考えますと、これからの社会を生き抜く教育のキーワードは、「カリキュラム・マネジメント、主体的・対話的で深い学び、英語の教科化、プログラミング教育」などが挙げられます。そこで、このことを加味した加賀市教育委員会としての教育施策について紹介をいたします。


 まず、小中学生における「国際交流」に力を注ぎたいと考えています。ロボレーブアメリカ大会への選手派遣、台湾嘉義大学附属実験国民小学校との小学生における音楽交流、シンガポール科学技術中学校(SST)との中学生交流、加賀ロボレーブ国際大会における外国チームの招待など、国際交流を通して世界の人々と共生できる国際感覚を持った人材の育成、英語で自分の考えや意見を発信し行動できる人材の育成などに努めたいと考えています。

 次に、新学習指導要領で必修化される予定の「プログラミング教育」を先取りして、今年度よりすべての小中学校においてプログラミング教育を先行実施する予定です。総合的な学習の時間や技術の授業を使い、小学校4年生から中学校3年生まで年間5時間の授業を行う予定です。昨年度行ったロボレーブ国際大会は、ロボットをパソコンでプログラミングし操るものであり、課題の発見と解決に向けた主体的・協働的な学びは、今文部科学省が提唱している「アクティブ・ラーニング」そのものであります。自分の意図を実現させるための筋道を論理的に考えることができる「プログラミング的思考」を育成したいと考えています。


 それから、小中学生を対象とした「かがっ子土曜スクール」を開講しました。これは学力向上に向けて小中学生の希望者が、算数・数学でのつまづき解消のため、個に応じた課題を主体的に学ぶ土曜学習であります。子供たちが自主的に学ぼうとする姿勢を支援するものであります。また、新たに、中学校の「放課後かも丸塾」を開催し、中学生の学力向上に努めたいと考えております。

 

 今年度は、特に、子供たちの未来への可能性を最大限に伸ばす学校教育を充実させるために、「子供は地域の宝」を合い言葉として、数々の新しい施策を打ち出し、加賀市の教育の充実と発展のため、人材育成のため日々努力をしていく所存であります。
 皆様方のご理解とご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。



教育委員会とは
 教育委員会は、教育の政治的中立性を保持し、地域の学校教育、文化、スポーツ等に関する事務を担当する市長からは独立した執行機関(行政委員会)です。

平成27年4月1日に「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」が一部改正されたことにより、現在の加賀市教育委員会では、常勤の特別職である教育長と非常勤の特別職である4人の委員による合議制の機関となっています。


教育長及び委員の任命

 教育長は、人格が高潔で、教育行政に関して識見を有するもののうちから、また、委員は、人格が高潔で、教育、学術及び文化に関して識見を有するもののうちから、市議会の同意を得て市長が任命します。任期は教育長は3年、委員は4年です。

教育長と事務局

 教育長は、教育委員会の会務を総理するとともに、教育委員会の権限に属するすべての事務をつかさどります。また、教育長の統括の下に事務局が置かれています。

教育委員会各課

教育庶務課   教育委員会の会議、規則の制定・改廃に関することや、教育委員会の予算、決算、財産などに関する事務全般を取り扱うほか、小・中学校の建設及び施設管理を行っています。
学校指導課  小学校・中学校の児童生徒に関する仕事を行っています。知・徳・体の調和のとれた学校運営が行われることを目指し、教育の推進に取り組んでいます。
生涯学習課  知識や技術の習得等、多様な要求に応える講座や講演会、研修会等、学習機会の提供を行い、生涯を通した自発的な学習の支援を行っています。
スポーツ課  市民が自主的、かつ積極的に参加できるようなスポーツイベントを充実させています。スポーツ施設を整備し、利用者のニーズに応じた運用改善等の必要な施策を検討します。
文 化 課  市内に所在する貴重な歴史文化自然遺産である文化財を保護し、市民とともに全国に誇れる資産として活用します。



行事情報




新着情報



  Copyright ©   2012 加賀市教育委員会 All Rights Reserved.   ◆本ホームページ掲載内容の無断転載を禁じます◆